2012年04月09日

ミッション:8ミニッツ


過去にもパラレルワールドを扱った映画は数あれど、

本作は内容的にもかなり分かりやすい部類に入るのでは

ないでしょうか。


何より上映時間が90分台と、さもすれば設定説明だけでも

かなりの時間が消費される可能性もある中、

この上映時間内で世界観+ヒューマンドラマ要素を

如何なく盛り込んだあたり、監督“ダンカン・ジョーンズ”の

手腕は認めざるをえないところ。


ラストのオチは賛否両論あるみたいですが、

随所にちりばめなられた伏線を考えた場合、

私はあのオチでないと逆に腑に落ちない点もあったので

絶対的に肯定派です。





私達の住む現実世界とは違う並行世界の存在を認めることにより、

この映画の評価も、

ひいては現実世界の見方も変わってくるかもしれません^^


※上記はyou tubeよりリンクを貼り付けています。
意義申し立てがある場合、該当サイトに直接お申し付けください。


posted by 大人ネタ at 22:07| 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。